コラム 2021年1月号 薬手帳の必要性について

2021年01月4日 コラム

「薬手帳をお持ちですか?」 

 病院受診された際や薬局へ行かれた時に尋ねられたことがあるかと思います。

💊 薬手帳とは?

いつ、どこで どのような薬を どこの医療機関で処方されたか記録し、確認できる手帳です。 

💊 薬手帳の役割 

☆現在服用している薬を知ることができる。薬剤名を忘れても記録を見て確認することが出来る

☆現在服用している薬を いつから内服し 現在治療をしている疾患を知ることができる

☆過去に服薬していた薬と既往歴の確認をすることができる

☆多数の医療機関を受診している場合に、どこの病院から どのような薬を処方されているかを医師や薬剤師が確認することができる

☆医師や薬剤師が同じ作用の薬を重複して処方しないように未然に防ぐことが できる

☆医師・薬剤師が飲み合わせに注意が必要な薬をチェックし、一緒に服薬しないように患者さんに飲み合わせに注意するように伝えることができる

☆過去に副作用のあった薬を記載しておくことで医師が同じ系統の薬を処方しないように防げる。

💊薬手帳の活用方法

☆旅行へ行った先で急な病気をした時

☆新しい医療機関・救急病院を受診する時

☆災害にあった時

🌸 当院に受診された患者様にも医師や看護師が現在治療している疾患やお尋どんな薬を服薬しているのか確認させていただいています。その際に薬手帳があるとスムーズに確認することができます。

整形外科でもいろいろな作用を持つ薬を処方しています。トラブルや副作用を未然に防ぐためにも薬手帳を持参して頂けると助かります。

🌸また、緊急時にも薬手帳が活用できるように 常に保険証と一緒に持ち歩き緊急時に備えておくことも大事です。

🌸皆様 病院受診される際は薬手帳を保険証とご一緒にご提出されてください

熊本市東区御領の整形外科クリニックです。お子様の成長やスポーツに関する悩み、働く世代の方々の痛みやしびれ、高齢の方々の歩行や動作の不安や障害など骨、関節、筋肉に関する問題など、ご相談ください。

診療内容:整形外科・スポーツ整形外科・リハビリテーション科・リウマチ科