コラム 2021年2月号 MRI検査を受けられる方はネイルにご注意ください

2021年02月5日 コラム

MRI検査とは強力な磁力を使って検査する機械です。そのため、身体に金属が入っていたり、身に着けていたりするとMRI検査ができないことがあります。

熊本地域医療センター広報誌1月号に気になる内容がありました。

放射線科部長の松川 哲也先生がマグネットネイルジェルネイルについて重要な記事を書かれていました。

👐マグネットネイル

マグネットネイルは鉄粉入りの専用ジェルを塗り、乾く前に磁石をあてることでジェル内の鉄粉を動かして模様を作り出すネイルだそうです

yahoo「マグネットネイル」で検索

👐ジェルネイル

ゲル状の樹脂をUVライトで硬化させることで形成させるネイルだそうですが、ジェルネイルの中にもチタンやクロム等の金属が含まれていることがあるそうです。

yahoo「ジェルネイル」で検索

マグネットネイルやジェルネイルを付けたままMRI検査を施行すると、ネイル内の鉄粉やチタン、クロムなどにMRIの磁力が反応し火傷をしたり、ネイル部分に火花が発生したり、固定が十分でないネイルは磁力に引っ張られてネイルが剥離することがあるそうです。

また MRI装置が故障する原因ともなります。

当院では MRI検査が必要な患者様やご希望の患者様には江南病院様へご依頼してMRI検査のみお願いしています。 検査を受けられる方は必ず事前にネイルを除去をされてから検査を受けられてください。

当院へ受診されていない方もMRI検査を受けられるご予定の方はご注意くださいね(^^)/

熊本市東区御領の整形外科クリニックです。お子様の成長やスポーツに関する悩み、働く世代の方々の痛みやしびれ、高齢の方々の歩行や動作の不安や障害など骨、関節、筋肉に関する問題など、ご相談ください。

診療内容:整形外科・スポーツ整形外科・リハビリテーション科・リウマチ科