コラム 2021年8月号 膝を伸ばすことは重要!?

2021年08月2日 コラム

膝が痛い!!?

そんな時、一概にすべての患者様にとは言えませんが、

ほとんどの患者様に「膝を伸ばすようにしましょう!」とお伝えします。

今回はなぜ膝を伸ばすことが重要なのか、をお話しします。

膝を伸ばす運動は当院では、

膝の下(裏)にタオルを丸めて置いて、膝を伸ばすようにしてタオルを押し潰す運動をお教えします。

膝の前の筋肉である「大腿四頭筋」を鍛えるための運動で、膝関節を動かさずにできる比較的簡単な運動です。

しかし、なぜこの運動が良いのか?、と言うのを3つお話しします。

①衝撃吸収!

大腿四頭筋は歩くときの衝撃を吸収してくれる役割を持っているため筋力アップを図ることによって負担を軽減することができます。

②構造上安定する!

膝は立っているときに曲げているよりしっかり伸ばしているときの方が構造上安定するようになっています変形性膝関節症の患者様は膝を伸ばさず曲げた状態で歩かれる方も多いのですが、それでは安定性も低下してしまいます。しっかり伸ばして安定性を得るためにも必要です。

③お皿の位置を正しく!

内側広筋を働かせることでお皿を正しい位置に持ってくることができる、ということです。内側広筋は大腿四頭筋の中でも内側の筋肉で膝を伸ばす際に最後しっかり伸ばすとき(膝伸展10~15°)で働きます。膝をしっかりと伸ばすこの運動をすることで内側広筋をしっかり使うことができます。

比較的取り組みやすい運動で、膝にとってはとても良い運動です。

ぜひ取り組んでみてください♪

熊本市東区御領の整形外科クリニックです。お子様の成長やスポーツに関する悩み、働く世代の方々の痛みやしびれ、高齢の方々の歩行や動作の不安や障害など骨、関節、筋肉に関する問題など、ご相談ください。

診療内容:整形外科・スポーツ整形外科・リハビリテーション科・リウマチ科