診療科目診療科目

膝が痛くて階段がつらい

変形性膝関節症

膝関節の関節表面の軟骨や半月板の変性・断裂により、炎症を起こし、痛み、腫れ、変形などを生じるものです。国内では約1000万人以上の患者がいると言われてます。明らかな原因がなく年齢とともに進行する場合と、以前に受けた怪我などに引き続いて発生する場合があります。年齢とともに進行するものは40歳以降の中高年の女性に多く、日本人では内側を中心に変性(すり減り)が進み、O脚になるものが多数を占めます。

原因と病態

変形性膝関節症は成因により「一次性」と「二次性」に分けられます。変形性膝関節症の多くは、加齢変化と筋肉の衰えや肥満、無理な動作などの多くの要因が絡み合って膝への負担となり、膝の関節軟骨がすり減って炎症を起こして発症 します。このように明確な原因がないものを「一次性」といい、一方、怪我や病気など原因が明確なものを「二次性」といいます。

変形性膝関節症の段階

初期

歩行や膝を深く曲げた時の膝関節の痛みなど動作時のみで、一時的に安静にすると改善するため、医療機関へを受診する方は少ないのが現状です。


中期 

膝蓋骨(お皿)と太ももの骨の間の関節(膝蓋大腿関節)にすり減りがある場合、痛みの頻度が多くなり、膝が完全に曲がらない、正座やしゃがみ動作が苦痛、膝が伸びない状態になってきます。階段の昇降や立ち上がり動作などでも痛みを感じます。
膝の炎症が強くなると関節に水(関節液)が溜まります。さらに進行すると、膝は変形してO脚になり、関節の動く範囲が狭くなります。ゴリゴリやコツコツなどの異音を自覚し始める段階です。

末期

日常生活に支障をきたすレベルです。仕事や買い物、旅行などの活動ができなくなり、活動範囲が狭まります。外見的にも関節の変形が進み、O脚(ガニ股)が目立ってきます。

診断

  • 1.レントゲン検査

膝関節の変形を確認し、軟骨のすり減り具合を推測します。骨と骨の間の関節部分は何も映りませんが、この隙間が狭いほど関節軟骨がすり減っているということになります。

  • 2.関節液検査

膝に炎症が起きて腫れている場合、注射器で関節液を抜き取りその性状により病気 の判定をします。変形性膝関節症では、黄色透明の関節液が排出されますが、リウマチ等の関節炎では、黄色混濁した関節液が出ますので鑑別になります。

  •  3.MRI検査

関節軟骨、半月板や骨内の病変の有無を調べます。変形性膝関節症が進行すると、 半月板が痛んで断裂したり、骨内に骨嚢腫という穴が開いたりして痛みの原因となります。また大腿骨内顆骨壊死が発見されたりします。 

治療

原因のひとつが加齢による変化なので、治療により良くなる部分と良くならない部分があります。急激に進行するものではないので、すぐに手術はせずにいろいろな治療方法をためした上で、痛みが十分に改善しない場合は手術を考えてみてください。

  • <薬物療法>

炎症によって強い痛みがある場合は、炎症を抑えて痛みを和らげる目的で使用されます。痛み止めなどの内服薬や、湿布などの外用薬を処方されることが多いです。また、関節内注射も選択肢の一つで、炎症を抑えるステロイド注射や関節の潤滑油であるヒアルロン酸注射などがあります。

  • <装具療法>

膝関節が変形してぐらつくような場合は、支柱のついた装具で歩く時の不安定性を改善します。O脚の膝では、内側に負担が集中しないように底に傾きのついたの靴の中敷きで体重の負担を分散させます。

  • <運動療法>

運動することで、血流改善して関節内の組織の新陳代謝改善、膝周辺の組織へ栄養分がいきわたり、老廃物が排泄されます。筋肉トレーニングにより、筋力をつけて関節のぐらつきを軽減して膝への負担を減らせます。減量して肥満による関節への負担を減らせます。膝の動きがよくない場合は動かす練習ストレッチを行います。水中、平地でのウォーキング等有酸素運動や、膝への負担を考慮した立ち上がり動作や階段の上り降りの練習等、生活動作の指導も欠かせません。

  • <物理療法>

ホットパックなどの温熱療法や、電気治療を行うことで痛みの緩和を図ります。

  • <手術療法>

これまで述べた保存的治療をを行っても症状の改善が得られない場合には最終手段として手術療法も選択できます。手術をすれば痛みが改善して動ける可能性が高まり、その結果、活動範囲が広がり生活しやすくなります。しかし、手術にはメリットもあればデメリットもあり、自分の年齢、体力、どこまでの回復を望んでいるのかなどを総合して適切な手術が選択されます。

関節鏡視下デブリドマン:関節鏡視下に、変性・断裂した半月板、関節遊離体などの除去を行います。関節内を掃除するようなイメージです。

脛骨骨切り術:O脚変形の強い例に対し、脛骨(すねの骨)を切って向きを矯正し、すり減っていない関節の外側に体重がかかるようにする手術です。切った骨が治るまでに時間がかかりますが、自分の関節をそのまま生かして治せることが最大の利点です。

人工膝関節置換術:関節全体の変形が激しく、痛みや変形で歩くのに不自由がある場合に行います。損傷の激しい軟骨を削って、関節の表面を金属とプラスチックでおおいます。確実に痛みを取り除く効果が望めます。

首の痛み首の痛み
肩の痛み肩の痛み
肘の痛み肘の痛み
手の痛み手の痛み
腰の痛み腰の痛み
股関節の痛み股関節の痛み
膝の痛み膝の痛み
足の痛み足の痛み
リウマチ性疾患リウマチ性疾患
骨粗鬆症・骨折・脱臼骨粗鬆症・骨折・脱臼
キズキズ
交通事故交通事故

熊本市東区御領の整形外科クリニックです。お子様の成長やスポーツに関する悩み、働く世代の方々の痛みやしびれ、高齢の方々の歩行や動作の不安や障害など骨、関節、筋肉に関する問題など、ご相談ください。

診療内容:整形外科・スポーツ整形外科・リハビリテーション科・リウマチ科