診療科目診療科目

肩の骨がボコッと出っ張ってる!?腕を動かすと痛い!!?

肩鎖関節脱臼

肩鎖関節脱臼(けんさかんせつだっきゅう)とは、鎖骨と肩甲骨の肩峰(けんぽう)との間にある肩鎖関節と呼ばれる関節が正常な位置からずれてしまった状態のことです。ラグビーや柔道、アメリカンフットボールなどのコンタクトスポーツ、交通事故や転倒などによって、強い外力が肩にかかることで発生します。

脱臼するため肩鎖関節部に突出が生じ同部に痛みが生じますが、この痛みは安静時でも生じ、また肩を動かしたり脱臼部位を圧迫したりすることでも誘発されます。三角巾などによる関節の固定と安静の維持にほる保存療法がとられますが、状況次第では手術的な治療介入が行われることもあります。

原因と病態

肩の周囲は、肩甲骨や鎖骨、上腕骨頭といった骨が組み合わさって構成されています。肩甲骨には肩峰烏口突起(うこうとっき)と呼ばれる部位があります。

肩峰と鎖骨は肩鎖靭帯(けんさじんたい)、烏口突起と鎖骨は烏口鎖骨靭帯(うこうさこつじんたい)という靭帯により連結・補強されています。これら靭帯や骨で構成される関節のことを、肩鎖関節と呼びます。肩鎖関節は三角筋や僧帽筋といった筋肉で補強され、さらに安定性が高まるような構造になっています。

肩鎖関節は複雑な構造で形成されているのでコンタクトスポーツや転倒など外力がかかることで靭帯が断裂してしまうことで脱臼が発生します。

肩鎖関節の損傷には程度があり、損傷程度に応じて捻挫や亜脱臼、脱臼などを発症することになります。肩鎖関節脱臼では、肩鎖靭帯と烏口鎖骨靭帯が両者とも断裂をしてしまい、鎖骨と肩甲骨の安定性が著しく障害を受けることになります。

症状

肩鎖関節脱臼では肩鎖靭帯や烏口鎖骨靭帯が損傷・断裂するため、激しい痛みや腫れが生じることになります。肩鎖関節脱臼による痛みは安静時にも見られます。また、肩を上げたり患部圧迫したりすることでも痛みが生じます。

肩鎖関節脱臼では肩鎖関節のズレにより、鎖骨の外側の端が皮膚を持ち上げて階段状に飛び出して見えることがあります。上方に持ち上がった鎖骨を上から押すと、ピアノの鍵盤のような上下の動きが確認でき(ピアノキーサイン)、肩鎖関節の安定性が損なわれていることがわかります。

検査・診断

問診

肩鎖関節脱臼が疑われる場合、発生時の状況などを詳しく聞きます。こうした問診は診断だけでなく、症状の程度や治療方針を決定するうえでの判断材料となります。

徒手検査

肩鎖関節周囲の左右差やピアノキーサインの有無

画像検査

レントゲン・CT検査などの画像検査により、肩鎖関節にズレの確認、またその他に骨折がないことなどの確認

治療

肩鎖関節脱臼の治療は、保存的治療と手術が考慮されることになります。いずれの方法にもメリット・デメリットがあるため、どちらを選択するかについては病状、患者さんの希望等を考慮して総合的に判断します。

急性期には無理に脱臼の整復を行わないこともあり、三角巾やKenny Howard braceなどで固定して患部の安静を図ります。その後様子を見ながらリハビリテーションを実施します。

こうした保存療法を実施しても回復が見込めないほか、患者さんの希望によっては、手術により肩鎖関節の整復固定や靭帯損傷の修復や再建を行います。

肩鎖関節脱臼では肩関節周囲の筋力補強のため、リハビリなどによる筋力トレーニングを実施することがあります。またスポーツが原因の肩鎖関節脱臼では、サポーターやテーピングなどによる保護や補強をすることもあります。

首の痛み首の痛み
肩の痛み肩の痛み
肘の痛み肘の痛み
手の痛み手の痛み
腰の痛み腰の痛み
股関節の痛み股関節の痛み
膝の痛み膝の痛み
足の痛み足の痛み
リウマチ性疾患リウマチ性疾患
骨粗鬆症・骨折・脱臼骨粗鬆症・骨折・脱臼
キズキズ
交通事故交通事故

熊本市東区御領の整形外科クリニックです。お子様の成長やスポーツに関する悩み、働く世代の方々の痛みやしびれ、高齢の方々の歩行や動作の不安や障害など骨、関節、筋肉に関する問題など、ご相談ください。

診療内容:整形外科・スポーツ整形外科・リハビリテーション科・リウマチ科