診療科目診療科目

ばね指(弾発指)

腱鞘炎のひとつで指の曲げ伸ばしの際に引っ掛かりやばねのような動きをします。更年期の女性に起こることが多く、妊娠時、出産後に生じることもあります。糖尿病、透析患者にも発生し、母指、中指、薬指に多くみられます。

原因と病態

指は腱によって曲げ伸ばしをすることができます。屈筋腱には、腱の浮き上がりを抑える靭帯性腱鞘(じんたいせいけんしょう)というトンネルがあります。

原因は明らかではありませんが、腱鞘が腫れたり、腱が太くなったりすることにより通過障害をきたし症状が強くなります。

症状

屈筋腱と靭帯性腱鞘との間で通過障害が起こると、指の付け根に痛みや腫れが生じます。これを腱鞘炎と呼び、進行するとばね現象(弾発現象)が生じます。これがばね指です。母指、中指、薬指に多くみられます。陳旧例ではしばしばPIP関節が曲がったままになる屈曲拘縮を認めます。

検査・診断

治療

保存療法

安静

局所の安静で刺激を少なくしましょう。湿布をしたり、装具で固定したりします。

ステロイド注射

腱鞘内に局麻剤入りステロイド注射をして、炎症、痛み、腫れを抑えます。

手術療法

保存療法で治らないときや指が曲がったまま伸びないときなどに行います。切開するのは腱鞘の一部だけなので小さい傷で済みます。

http://www.jssh.or.jp/ippan/sikkan/pdf/3bane_3.pdf

※日本手外科学会「手外科シリーズ3」から画像を引用しております。

首の痛み首の痛み
肩の痛み肩の痛み
肘の痛み肘の痛み
手の痛み手の痛み
腰の痛み腰の痛み
股関節の痛み股関節の痛み
膝の痛み膝の痛み
足の痛み足の痛み
リウマチ性疾患リウマチ性疾患
骨粗鬆症・骨折・脱臼骨粗鬆症・骨折・脱臼
キズキズ
交通事故交通事故

熊本市東区御領の整形外科クリニックです。お子様の成長やスポーツに関する悩み、働く世代の方々の痛みやしびれ、高齢の方々の歩行や動作の不安や障害など骨、関節、筋肉に関する問題など、ご相談ください。

診療内容:整形外科・スポーツ整形外科・リハビリテーション科・リウマチ科