診療科目診療科目

足底腱膜炎

足底腱膜炎(そくていけんまくえん)とは、足の裏にある、踵(かかと)と足の指の付け根までを伸びている組織(足底腱膜)が炎症をおこし、痛みなどの症状が出る病気です。足底腱膜炎もしくは足底筋膜炎と呼ばれています。
足底腱膜は、アーチ状になっている足の『土踏まず』を支える重要な役割を担っており、足への衝撃を和らげるクッションの働きも担っています。

このクッション機能が低下し、足底腱膜に過剰なストレスが加わることで、足底腱膜と骨の付着部で炎症が起きます。足底腱膜が固くなることでうまく伸び縮みできずに足底腱膜がくっついている踵や親指の下あたりの筋肉などを無理に引っ張ることで筋肉に微細断裂(小さな傷)や組織の変性が生じるため、足底腱膜炎は腱付着部障害と言われています。

これはオーバーユース、つまり何度も引っ張られて腱付着部自体にストレスがかかり、微小外傷が生じ、その発生と修復のバランスが崩れることで症状が引き起こすとされています。そのためオーバーユースになった原因を明確にし、再発予防を行うことが大切です。

ジョギングやマラソンなどのスポーツや長時間の立ち仕事などで、足の裏に負担をかかる方に多くみられます。最近のスポーツブームで症状が出る方が増えている傾向ですが、スポーツをしない一般の人でも中高年には比較的多く生じます。

原因と病態

強い衝撃が繰り返し足に加わるスポーツなどをしている 

繰り返し衝撃を足裏に与えることで、足底筋膜や筋肉は固くなります。
足裏の筋肉に、毎日適切なケアを行わず繰り返し衝撃が加わると筋肉は固くなり足底腱膜炎になることがあります。また、アスファルトなど地面が硬い道は、地面からの衝撃もより強く返ってくるため負担が強くなります。

疲労の蓄積や、加齢

長時間の立ち仕事などによる疲労や加齢によっても足底腱膜が固まり、クッション機能が低下し足底腱膜炎になる場合があります。

足のアーチの高さが崩れている方

足のアーチが高すぎる人(ハイアーチ)、低い人(偏平足)は不均等なストレスが足の裏にかかりやすい為、足底腱膜に負担がかかりやすくなります。足裏に胼胝(タコ)が出来ている人はアーチが崩れている人が多い為、注意が必要です。

ふくらはぎやアキレス腱が硬い方

ふくらはぎやアキレス腱が硬いと引き上げる力が弱くなる為、足の踏み返しを足底腱膜で負担しやすくなります。

新しく靴に替えた

踵が固定されない靴、靴底が薄すぎる靴、クッション性がない靴などは足底腱膜に負担がかかりやすく、痛みが出やすい状況です。
特に靴のサイズが合ってない場合、歩いている時に靴の中で足が前後に動いてしまい、これも足底腱膜に負担がかかりやすい原因になります。

症状

足底部痛の好発部位

①踵に近い(腱膜起始部に最も多く発生)
②中央部(土踏まず)
③つま先の付け根(指の関節)

誘発されやすい場面・動作

・歩くと、踵やその周辺が痛い 
・足の裏を押すと痛い 
・足の裏が、つっぱている感じがある
・夕方になると痛みが強くなる
・運動後、痛みが出る。運動翌日が痛い
・朝痛いが、動いていると徐々に軽減してくる
・階段やつま先立ちなどをすると痛い

症状には個人差があり、急に強い痛みが出たり、徐々に痛みが強くなる方もおられます。歩行は日常生活において必ず行う動作です。一度発症すると歩行を辞めることは出来ないため、患部への負担が常にかかるため、痛みの軽減が難しく治りにくい場合もあります。症状が進行し、なかなか治らない場合は半年、1年以上症状が持続する方もおられます。

検査・診断

触診

足底腱膜の圧痛、腫れや痛みの場所などを確認します。

レントゲン検査

足底腱膜の炎症のため、レントゲン検査を行っても通常、骨には異常がないことが多いです。しかし、繰り返し足底腱膜が付着部を引っ張る事で、踵骨棘(しょうこつきょく)という棘が出来る方がいます。踵骨棘があっても自覚症状がない方も多く、踵骨棘があることは踵骨部に負担がかかっている可能性があると考えられます。

変形など他の疾患との鑑別や稀な腫瘍などを区別するためにも必須です。 

超音波検査

超音波で、足底腱膜付着部周囲などの腫れや肥厚・炎症の有無などを確認します。検査は痛みはなく、また被ばくなど身体に与える影響もないため、子どもさんや妊婦の方、ご高齢の方まで安心して検査することができます。

MRI検査

より精密に炎症の程度や範囲、腱の損傷程度などを確認するため行います。踵周辺を含めた全体像の把握や炎症の程度や範囲、腱の異常まで精査することが可能です。

治療

保存療法

足底腱膜炎の治療は、薬物療法や理学療法で痛みを抑える治療が基本です。症状が落ち着くまでは極力、安静を心がけ、長時間立っていることやスポーツ活動などは一時お休みすることが望ましいです。

リハビリテーション

足底腱膜炎は痛みが起きたきっかけがない方が多く、足底腱膜への負担がかかる動作や機能低下が原因なので、その原因を解決するためにリハビリを行います。ストレッチや筋力トレーニング、体の使い方などを理学療法士と共に行うことは即効性はありませんが、中・長期的に見るとリハビリによる効果が得られます。
下肢後面の硬さ(柔軟性低下)や、足指の機能不全、筋力低下、偏平足などの足部の形態異常などを評価し、その人に合ったアプローチを行います。必要に応じて、テーピングなどで患部の負担の軽減を図ります。

また、電気治療などの物理療法も組み合わせながら実施します。足部だけの問題でなく、全身的な問題(姿勢不良、股関節などの体の硬さ、他の部位をかばって歩いている場合)でも起こりうる炎症でもあるので、全身的なコンディショニングを行います。

薬物療法

炎症がある場合は、非ステロイド性消炎鎮痛剤(NSAIDs=ロキソニンなど)や湿布をすることで炎症を抑え症状が改善します。ただし、飲み薬は長期間使用すると胃があれるなどの副作用が出る場合があるので、注意が必要です。

装具療法(インソール、パッド) 

インソールを作成、またパッドを使用することよって、足底部のアーチ形態への負担を減らし、体重を支えやすい環境を作ります。

ステロイド注射

上記治療を行っても症状に変化がなく、歩くことが困難、仕事に支障が出るほどの強い痛みがある場合、ステロイド注射を行うことがあります。
痛みのある部分に直接治療薬を注射しますが、痛みが再燃する場合も少なくありません。注射で一時的に症状を改善させるだけで、その間に根本的な原因をリハビリで並行して改善させ、症状改善を目指します。注射を繰り返し行うことで、組織をもろくし、長期的には症状を悪化させる場合もあります。

手術療法

上記のようにさまざまな治療を行っても痛みが取りきれない場合、手術の検討も必要となる場合があります。

予防

足部内在筋のストレッチ・ケア方法

足部内在筋のストレッチ・ケア方法を紹介します。

足底筋コロコロ

硬まった足底筋をほぐす方法です。
テニスボールやゴルフボールを用意してください。


①テニスボールやゴルフボールを足の下においてください


②置いたボールを転がし足底筋をほぐしてください。

セット回数:3分×3回
*普段歩いている時などに痛みがある部位は行わないようにしてください。
踵骨などには行わないようにしてください。痛みが増悪する可能性があります。

足部内在筋群のエクササイズ方法

足部内在筋のエクササイズ方法を紹介します。

Short Foot Exercise 


①椅子などに座って静止する

②足趾に力を入れる
足の指の腹で摘むように意識する。足底に力が入っているか意識してみる。

注意点:
右足のように足趾が噛まないようにする。①→②の流れで行なってください。
セット回数:10秒間キープを10回反復

ミニマムカーフレイズ


①静止立位

②重心を少しずつ前へ移動
踵が少し上がるところでキープ:10秒×10回
*この時にギリギリまで重心を前へ移動すると足趾で支持している感じがわかりやすいです。

首の痛み首の痛み
肩の痛み肩の痛み
肘の痛み肘の痛み
手の痛み手の痛み
腰の痛み腰の痛み
股関節の痛み股関節の痛み
膝の痛み膝の痛み
足の痛み足の痛み
リウマチ性疾患リウマチ性疾患
骨粗鬆症・骨折・脱臼骨粗鬆症・骨折・脱臼
キズキズ
交通事故交通事故

熊本市東区御領の整形外科クリニックです。お子様の成長やスポーツに関する悩み、働く世代の方々の痛みやしびれ、高齢の方々の歩行や動作の不安や障害など骨、関節、筋肉に関する問題など、ご相談ください。

診療内容:整形外科・スポーツ整形外科・リハビリテーション科・リウマチ科