診療科目診療科目

肩を動かすと痛くて、ゴリゴリと音が鳴る!??

変形性肩関節症

原因と病態

激しいスポーツや使いすぎなどが原因で肩関節の軟骨がすり減ってしまい、炎症を生じるものです。関節リウマチや上腕骨頭壊死などに続いて発症するものもあり、一度減ってしまった軟骨は元通りに再生することはありません。膝関節や股関節など体重を支えなければならない関節で多く見られますが、肩関節では日常的に体重がかかるわけではないため変形の頻度としては多くはありません。

症状

主な症状は、痛みや可動域制限です。肩を一定の方向に動かすと痛みを生じますが、徐々に肩を動かせる範囲が健康な肩よりも狭くなります。ひどくなれば安静時や夜間時にも痛みが出ることがあり、頚部や上腕にまで痛みが出ることもしばしばです。また、動かすとゴリゴリと関節が擦れ合う音や振動を感じることがあります。進行すれば徐々に着替えや家事を行うのが不便にあるなど、日常生活動作に支障をきたすようになります。

診断

画像検査

レントゲン検査

①関節裂隙の狭小化

②骨頭下や肩甲骨関節窩の骨棘形成

③上腕骨頭や関節窩の骨硬化像

MRI検査

もしもこれらの画像所見がみられた場合、腱板といった肩関節の安定性に関与する組織の損傷も考えられるため、肩関節周囲組織の状態を把握するためのMRI検査も行うこともあります。

治療

保存療法

基本的には保存療法で治療を進めます。鎮痛剤や注射、物理療法や運動療法などのリハビリテーションを中心に行います。リハビリテーションは肩関節の可動域制限に対して関節可動域訓練を行います。また、腱板筋のトレーニングを行うことで関節面にかかるストレス軽減を図ることができます。また、就寝時のポジショニングなど普段の生活で負担をかけないための指導を行います。これらの治療を行っても効果が得られず、日常生活に支障が生じるほどの痛みや可動域制限がある場合には手術療法が選択されることがあります。

手術療法

鏡視下滑膜切除術人工肩関節置換術などがあります。鏡視下滑膜切除術とは、変性が生じている滑膜や腱板の組織を取り除くことで痛みや動きを改善させることを目的に行います。人工肩関節では、金属とプラスチックにより人工的に肩関節を形成します。どちらの手術も痛みの軽減には期待できますが、どの程度動きが良くなるかは肩関節の変形の程度や状態によって個人差があります。

首の痛み首の痛み
肩の痛み肩の痛み
肘の痛み肘の痛み
手の痛み手の痛み
腰の痛み腰の痛み
股関節の痛み股関節の痛み
膝の痛み膝の痛み
足の痛み足の痛み
リウマチ性疾患リウマチ性疾患
骨粗鬆症・骨折・脱臼骨粗鬆症・骨折・脱臼
キズキズ
交通事故交通事故

熊本市東区御領の整形外科クリニックです。お子様の成長やスポーツに関する悩み、働く世代の方々の痛みやしびれ、高齢の方々の歩行や動作の不安や障害など骨、関節、筋肉に関する問題など、ご相談ください。

診療内容:整形外科・スポーツ整形外科・リハビリテーション科・リウマチ科